食 やみつきになる味が多いんよ。

  • ほっこりぬくもる松山グルメ探訪
Facebook Twitter Google+
ほっこりぬくもる松山グルメ探訪

松山鮓

松山鮓を道後の
老舗「ふなや」で味わう

道後温泉 ふなや

明治25年8月、大学予備門の学生だった漱石が初めて松山を訪れ、子規の家に立ち寄ったとき、母・八重がもてなしたのが「松山鮓」であり、漱石は大いに喜んだそうで、一粒もこぼさぬように行儀よく食べていたそう。 後日談として明治28年の春、松山中学校の教師として漱石が再び松山を訪れた際、まず所望したのが「松山鮓」だったそうですので、漱石にとってもお気に入りの松山料理であったことが想像できます。

松山鮓は、エソやトラハゼ等の瀬戸内の季節の小魚から、店独自の製法で旨みをタップリとったダシを入れた合わせ酢を使っています。ダシ付きのやや甘めの合わせ酢こそが松山鮓一番の特徴で、地元で獲れる小魚の旨みが凝縮された芳醇な美味しさを堪能できます。 松山鮓は具材も大事ですが、何と言っても基本はダシが勝負。酢飯そのものにも瀬戸内の風味を味わえ、さらに同じ海で獲れた魚介と一緒に頬張るのはなんという贅沢でしょうか。

ふなやの松山鮨は、瀬戸内の旨みタップリの酢飯の上に錦糸卵、天然鯛の漬け、海老、タコ、煮穴子、生姜、きゅうりが飾られている贅沢なものです。鯛の漬けは薄味、上品でシンプルな仕上がりで鯛の旨みを味わえます。穴子は程よい煮具合で、タコも柔らかく、海老の自然の甘さがダシのきいた御飯にピッタリ合います。

店舗情報

ホームページ
道後温泉 ふなやのホームページ http://www.dogo-funaya.co.jp/
住所
愛媛県松山市道後湯之町1−33
営業
※レストラン葵苔
11時半~13時半、17時半~20時
駐車場
あり(無料)
※ご利用の際はフロントに連絡。
TEL
電話番号:089-947-0278
フリーダイヤル:0120-190-278
定休日
なし
さらに詳しい情報は、瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクトへ