食 やみつきになる味が多いんよ。

  • ほっこりぬくもる松山グルメ探訪
Facebook Twitter Google+
ほっこりぬくもる松山グルメ探訪

鍋焼きうどん

半世紀も守り続ける
「鍋焼きうどん」は
松山人の好きな味

みなと食堂

創業昭和41年に先々代の祖母が始めた「みなと食堂」は、甘口でしっかりとしたダシの、松山のソウルフード「鍋焼きうどん」を提供しています。現在は、熱い想いを持った三代目現オーナーが引き継ぎました。
こだわりは、毎日食べても飽きないメニューで、「基本に忠実で小細工することなく調理したものこそ普通に美味しく食べることができる」ということ。奇をてらわず、お客さんに喜んでもらえるよう先々代より引き継いだ「鍋焼きうどん」の味を頑固に守り続けていく事だと言い切ります。

レトロなアルミの鍋に入って出てくる様子に、思わず微笑んでしまいます。簡素なアルミのフタを取ると、そこにはグツグツ煮えるうどんの麺があります。 その中央にある程よく煮えた卵、ねぎ、肉、かまぼこ、竹輪、鳴門巻きがぐるりと囲んだ、豪華な鍋焼きうどんです。昔から松山市民に愛され続けてきた味を、一度食べてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

住所
愛媛県松山市堀江町1759
営業
10~22時
駐車場
あり
TEL
089-978-0101
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)
さらに詳しい情報は、瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクトへ